IoTをはじめた理由

IoT

職業としてITエンジニア?と微妙な仕事をしています。

自宅でもNASを構築したり、ドメインをもったり、ちょいちょいデジタル環境を充実させています。


もともと、電気専攻もあり簡単なシーケンス回路を組んで、自動給水装置を作ったりしてました。

RaspberryPiという小さなパソコンを自宅サーバーにするために扱っていましたが、センサーで温度を計測し、水耕栽培の情報として使えないか考えるようになりました。


BME280という温湿度気圧センサーとDS18B20という水温センサーをつけ、24時間のデータのログをとってます。右下、リンクに参考にしたリンク先を掲載しています。


また6月ごろに室内の水耕栽培用に同じシステムを作るつもりなので、備忘録として構築記録を掲載予定です。
Linuxがあまり得意ではないので、linux苦手な人にわかりやすく説明できることを目指します。

まだまだ、ほかにやることがあるので、ちょっとずつ記録を充実させます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です